スポンサードリンク

任意整理中でも作れるクレジットカード

スポンサードリンク
デビットカード

任意整理中に作れるクレジットカードはあるの?作れたカードがあるなら知りたいと思われる方も多いと思います。

今回は果たして、任意整理中でも作れるカードがあるのかを調べてみようと思います。

ネットを徹底的に調べ尽くした結果、

楽天カード

ANAアメックス

アメックス

でした。

調べている中で楽天カードの審査に通った!という口コミが結構ありました。

楽天カードは債務整理中にカードを作ろうとする人だけでなく、楽天カードの返済が出来ず、任意整理をする場合も、返済期間をかなり長く設定してくれたりする債権者で、かなり柔軟に対応してくれる傾向があります。

任意整理中に楽天カードを作れた人への注意点としては、

マリー

任意整理後の返済が出来なくなる時も

クレジットカードを使いすぎると、任意整理中の本来の分割返済が出来なくなってしまうことがあります

任意整理中に支払いが遅れると、かなりマズイ状況になることになります。

最悪の場合は、そこから個人再生や自己破産を手続きをせざるを得なくなりますから、本当に気を付けて下さい。

また、任意整理中にお金がないといっても、まだ弁護士や司法書士が和解交渉をしている段階で、クレジットカードを作ろうとするのは絶対やめて下さい。

その場合、交渉内容に重大な悪影響が出て来てしまう可能性があるからです。

途上与信で使えなくケースも

確かに、楽天カードは任意整理中でも作れる可能性が高いクレジットカードです。

しかし、その後は途上与信で審査が厳しくなり、そこで楽天カードを残すことが難しくなるという話もあります。

楽天カードを残すのに失敗した方の体験談や対策は以下の記事にもまとめていますが、楽天は、審査に通ってからが真の審査開始とも言われています。

ANAアメックスは任意整理でも作れるクレジットカード

アメックスと全日空が連携したカードだけあって、マイルが貯まりやすく旅行プランに強いという特徴があります。また、任意整理やブラックリストの人にはもちろん、フリーターや自営業など収入が不安定でクレジットカードの審査に自信のない人にもオススメできる1枚です。

なぜANAアメックスの審査は甘いといわれているのか

ANAアメックス、これはアメックスにも言えることですが、ANAアメックスの審査が特有なためです。審査は過去よりも現在を重視しているので、利用限度額がかなり低くおそらく10万程度です

また、ANAアメックスの途上与信を頻繁にするクレジットカードです。

アメックスは年会費がお布施として担保しているのでそのぶん

アメックスカード全般にいえますが年会費が高いのが最大のデメリットです。

ANAアメックスは年会費が「7000円(税抜)」かかります。

楽天カードとANAアメックスの審査を落ちた方は、

以下のようなクレジットカードがあります。

デポジット型ライフカード

デポジット型ライフカードです。ここはあまりお勧めしません。

デポジット型ライフカードの場合は、限度額10万円の場合、保証金必要額10万円年会費5000円支払わなければなりません。ETCカードが必要な方は良いかもせれません。あとはクレヒス作りのために使う人には良いのかもしれませんが、

保証金の支払方法はクレジットカードお届け時に代金引換にお預けいただきます。初年度の年会費と併せてお支払いいただきますので、現金のご用意をしなければいけません。

解約時に保証金は返還されるそうです。

通常のライフカードと同じカードデザインなのでデポジット型ライフカードとは気づかれません。

任意整理中でも作れるクレジットカード

以上、任意整理中でも作れるクレジットカードを紹介しましたが、

私個人は任意整理中にクレジットカードを作るのは否定的です。

作るならデビットカードを作ります。

デビットカードのメリット・デメリット

私個人もデビットカードを持っていますが、なんら不便を感じていません。

デビットなら即時引き落としされるので、使い過ぎることもありません。

デビットカードは審査一切ないカードです。

お金を管理しながら使うことができる

デビットカードは預金残高の範囲内が利用限度額となるため、クレジットカードのようにうっかりお金を使いすぎてしまうことがありません。また、自分自身で1日あたり、1ヶ月あたりの利用限度額を設定することもできます。利用した記録は明細に残るため、いつ、何にどれくらい使ったかも一目瞭然。このように、お金を管理しやすい点がデビットカードのメリットです。

ポイントやキャッシュバックなどでおトクに使える

デビットカードにはご利用に応じてポイントが貯まったり、キャッシュバックをうけられるものがあります。これらのデビットカードを活用すれば、現金で支払うよりもおトクです。また、キャッシュカードと一体型デビットカードはATM手数料の無料回数が増えるなど、うれしい特典がついている場合があります。

審査がない、15歳から作ることができる

デビットカードはカードを作るときの審査がありません。クレジットカードの審査に通らない人でも、デビットカードなら持つことができるのは大きなメリットです。また、クレジットカードを申し込みできるのは通常18歳からですが、デビットカードなら15歳から作ることができます。

海外で便利に使える

国際ブランドと呼ばれる「Visa」や「JCB」などのデビットカードはクレジットカードと同様、海外の加盟店でもショッピングなどに利用できます。特に海外ATMから現地通貨を引き出せるものは世界中で頼りになります。

現金を持ち歩かなくて済む

デビットカードがあればお買い物やお食事を楽しめるので、必要以上に現金を持ち歩く必要がないという防犯上のメリットがあります。また、レジで小銭をさがす手間も不要となり、お支払いをスマートに済ませられます。

クレジットカードの限度額を超えるような高額の買い物もできる

クレジットカードは口座にいくらお金があっても、カード発行会社が定めた利用限度額までしか使うことができません。一方、デビットカードは預金残高が利用限度額となるので、預金残高さえあればクレジットカードでは買えないような高額商品も購入することができます。

デビットカードのデメリット

便利なデビットカードですが、そのデメリットもあります。

一括払いのみで分割払い、リボ払いができない

デビットカードは利用したその場で引き落としが行われる即時決済なので、支払い方法は「1回払いのみ」です。クレジットカードのような分割払い、リボ払いはできません。

キャッシングができない

デビットカードには、クレジットカードのようなキャッシング機能がありません。キャッシングでお借り入れすることはできず、あくまで自分の預金残高の範囲内でのご利用となる点に注意しましょう。

クレジットカードの利用実績には反映されない

「Visa」や「JCB」の国際ブランドのデビットカードを利用しても、クレジットカードの支払実績(クレジットヒストリー)は蓄積されません。クレジットカードは利用頻度や利用額が多いと上位会員にランクアップしたり、利用限度額が拡大される場合がありますが、デビットカードのご利用はこれらの判定に反映されないことを覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました