スポンサードリンク

任意整理のデメリット

スポンサードリンク
債務整理
マリー

任意整理のデメリットと対応策

任意整理のデメリットは次の4つです。

ですがこのデメリットは、考え方次第でメリットに変えることができます。

詳しく説明しますので、是非参考にしてください。

1、信用情報機関への登録(ブラックリスト入り)

これが1番痛いデメリットです。

任意整理すると信用情報に事故情報に登録されるため


携帯電話本体の分割購入の審査に通らないこともあります

完済から5年間はクレジットカードや各種ローン、消費者金融の審査に通りづらくなります。

しかし、借金を滞納したり、自己破産、個人再生しても事故情報として登録されますので、信用情報機関への登録は任意整理に限ったことではありません。

信用情報機関に登録された借り入れができなくなる期間を「借金なしで生活するトレーニング」と考えれば、メリットと捉えることもできるでしょう。

なかなか任意整理したてならばそんな前向きに考えられないかもしれませんが。

2、元本を大きく減らすことが難しい

任意整理しても大きく元本が減るわけではありません。

任意整理予想できる効果は、将来利息、遅延損害金のカット、あとは3年から5年からかけて元本の分割払いがあります。

元本を大きく減らすには個人再生という方法がありますし、自己破産という手続き後に免責を受ければ、借金の返済義務が免除されます。

しかし個人再生や自己破産は「家族に秘密にしづらい」「整理先を選べない」「官報に載る」「財産を手元に残せない」などのデメリットがあります

任意整理には、そのようなデメリットはありません。
家族に知られにくく、任意整理では整理先を選べる、財産を残せる手続きなので、任意整理後も生活がしやすい、というメリットがあります。

3、借金返済を続けていく収入が必要

任意整理は自己破産のように借金が帳消しになる手続きではありません。
そのため、任意整理後も、利息カットされた元本の返済が継続的に求められます

返済を続けるには、安定的な収入が必要という条件が伴う一方で、任意整理特有の和解交渉によって、返済が苦しくならないように計画を立て直すことも出来ます

4、交渉に応じてもらえない可能性がある

自己破産や個人再生は裁判所が関与する法的な手続きですが、任意整理は裁判所をはさまない任意の交渉なので、相手に対する強制力はありません

そのため、銀行、信販会社、消費者金融のような借入れ先の合意がなければ、任意整理による和解は出来ません。

大半の借入れ先が任意整理に応じてもらえるようですが、和解がまとまらない業者もあるでしょう。
そうなると、任意整理を諦めざるを得ない、という状況も考えられます。

借入先が交渉に応じないという状況を避けるには、弁護士や司法書士のような専門家を頼ることです。

実績豊富で戦う弁護士司法書士などの特化した専門家であれば、銀行、信販会社、消費者金融ごとに「任意整理しやすい業者かどうか?」の情報を持っていますので、適切なアドバイスを受けられます

戦う弁護士司法書士>>https://bit.ly/3rpNvPy

コメント

タイトルとURLをコピーしました