スポンサードリンク

任意整理後のブラックリスト登録期間、喪明けとは

スポンサードリンク
債務整理

5ちゃんねるやyahoo!知恵袋でブラッククレジットカード関連の質問をチェックしていると、たまに「喪中」「喪明け」という言葉が出てきます。

喪中というのは親族が亡くなった方が、今年は年賀状を出せないということで、「今年は喪中につき・・・」というようなハガキを事前に送りますよね。

マリー

喪中とは

喪中とは、債務整理(自己破産、任意整理、個人再生等)の金融事故情報が個人信用情報機関に掲載されている状態のことである。

それは故人をしのぶ為に、一定の期間だけ喪に服しているということになりますが、クレジットカードにおける喪中も、基本的には何もせずに大人しくしているという意味では同じです。ブラック登録され解除されるまで大人しくしましょう。その期間が過ぎれば、無事喪明けとなります。

任意整理をすると一定の期間はブラックリスト呼ばれる状態となり、新たな借り入れなどが難しくなります。ブラックリストの期間とそれが過ぎた後の借り入れの可否について考えてみましょう。ブラックリストではなくなったのに借り入れ審査が通らないという人もいるようです。

手続き後の喪明け期間とは

信用情報機関から記載が消えた状態を「喪明け」といいます。一定期間が過ぎるとその人の信用情報から事故歴が消え、併せてそれ以外の信用情報も全くの白紙状態となります。これをスーパーホワイト、またはホワイトと呼び、現金主義でカードを持ったことがない人もこれに当たります。

ホワイトの状態では過去に金融事故を起こした人かどうかは分かりません。しかし、ある程度の年齢になって過去の情報が全くないのは、過去のブラックを疑われやすくなります。この次のカードを作るまでホワイト状態を「喪明け期間」と呼びます。

ブラックリスト登録期間とは

任意整理をした人は、手続き後の5年間、信用情報がブラックリストと呼ばれる状態になります。ブラックリストに載ることは、個人の信用情報に金融事故などの情報が記載されて、金融機関から「要注意」として扱われることを指します。ブラックリストに載っている間はあらゆる金融機関から自己情報を閲覧できるようになっており、様々な借り入れが非常に難しくなります。

5年間が過ぎると信用情報からブラック情報は消されますが、本当に消されているかの確認は必要です。ブラックリストに載った状態で審査の申し込みをすると、ほぼ確実に落とされる上、審査に落ちたという情報が新たに蓄積・記載されて余計に審査に通りにくくなってしまうのです。手続きをしたという情報が消えたのを確認するには、信用情報機関に登録情報の開示を求めることが不可欠です

5年たっても厳しい審査

5年たってからスーパーホワイトとなっても、過去の事故を疑われるため、借入できる業者は限られてきます。審査は依然として厳しい状態が続き、審査に落ちやすい状態と言えるでしょう。この間に何度も審査にチャレンジをして落ち続けることは賢明ではありません。

今度は審査に落ちていることがネックになってさらに審査に落ちやすくなります。そのため、喪開け後の最初の借り入れは、審査が甘い業者を選ぶことが大切です。消費者金融系(アコムマスター)かYahoo!カード、流通系のカードは比較的審査が甘めであり、スーパーホワイトであっても通る確率が高くなります。業者選びは大切です。

任意整理者は3通りに分類できる

任意整理を経験した方は、以下の3つに分けることができます。任意整理者の状況3タイプ

  1. 任意整理
  2. 既に完済して5年字経過していない人
  3. 既に完済して5年経過した人

なぜ5年が区切りなのか?については、このあとの「任意整理後(喪明け)がクレジットカード審査に落ちる理由」の項目で詳しく説明します。

任意整理中の人

現在任意整理中であり、分割して返済をしている最中の方は、クレジットカードを作ることは無理です。

なぜなら、信用情報機関に任意整理を行ったことが記録され、他の金融機関にも見られる状態になっているためです。
この任意整理の記録が信用情報機関に記録されている状態のことを「ブラックリストに載っている」「ブラック状態」と言います。

手続き中にカードを作ることは契約違反

信用情報機関に任意整理の情報が登録・反映されるタイミングによっては、任意整理の手続き中にカードが作れてしまうこともあります。

しかしこれは任意整理を依頼する専門家(弁護士など)や、任意整理に応じる金融機関との契約違反になります。

任意整理はどうしても返済できないと認められる場合に行われるものです。
クレジットカードは後払いの決済方法ですから、端的に言えば借金です。
借金を返済できないと法的にも認められる状況だから任意整理をするのに、新たな借金をするというのは、不誠実な対応になってしまいますよね。
また、任意整理を行う際に弁護士などと交わした契約書の中に、「今後はいかなる借り入れも返済もしない」と書いてある場合もあります。
任意整理中はタイミングによってはクレジットカードを作れる可能性もありますが、新規作成は絶対にやめましょう。

万が一任意整理中にカードを作ったことが知られた場合、交渉が取り消しになり、最悪の場合残高を一括で請求される可能性もあります。任意整理手続き中は手続きに専念してください。

審査のないバンドルカードやデビットカードなどを作ろう

任意整理の返済中でも「どうしてもカードが必要」という場面もあると思います。審査の必要のないカードであれば、任意整理中でも安心して発行できます。

①デビットカード

銀行口座と紐付けされ、使った分が即座に口座から引き落としされるカードです。
銀行口座の預貯金額内での取引となるため、銀行口座に直結しているプリペイドカードともとらえられます。
そのシステム上、代金の遅延・滞納が発生しないため、任意整理中であっても問題なく発行可能です。
VisaやJCB、Mastercardなどの加盟店で、通常のクレジットカードのように使えます。

また、デビットカードは銀行口座に直結しているカードであるため、発行元は各銀行になります。
つまり、発行元の銀行口座を持っていることが必須になります。
また、銀行によって選べる国際ブランドが違います
ご自身の希望内容に沿ったものが選べるよう、事前に確認しておきましょう。

②バンドルカード

Visa加盟店で使えるVisaプリペイドカードのことです。コンビニやATMなどでチャージをしてから使います。
事前にチャージを行い、その金額内で利用するため、クレジットカードのようなお金の貸し借り関係は生まれません。
そのため、審査なしで作成できます
また、アプリで管理するバーチャルカードであるためカードを発行する手間がありません。
そのため、発行そのものをスキップでき、申し込みをしてからカードを利用できるまでの時間が非常に短くなります。

カード型とアプリ型があり、アプリ型はスマホでダウンロードをしてすぐに使うことができます。ポチッとチャージ最大5万円まで後払いで利用できるので、手持ちのお金がないけれど今すぐお買い物をしたい方などにおすすめです!
ただし、ポチっとチャージの手数料には注意してください。ポチっとチャージで前借りした金額は、チャージした日の翌月末までに手数料をつけて返済する必要があります。手数料は高額ではありませんが、年利で考えると40%ほどになります。銀行カードローンの年利が最高14%前後であることを踏まえると、いかに高額か分かりますね。審査なしで数万円を利用できるのは非常に魅力的ですが、高金利であることには気をつけてくださいね。

ポチっとチャージの手数料
3,000円~10,000円510円
11,000円~20,000円815円
21,000円~30,000円1,170円
31,000円~40,000円1,525円
41,000円~50,000円1,830円
https://saimuseiri-pro.site/wp-content/uploads/2021/02/vandle-1.png

バンドルカード

国際ブランド

年会費 ポイント還元発行期間初年度2年目〜無料無料–最短即日

  • アプリですぐカンタンに登録できる!
  • 審査がないのでブラックでも安心!
  • 「ポチッとチャージ」で後払いにも対応!

③家族カード

家族がクレジットカードを持っているのであれば、そのカードに付帯している家族カードを発行してもらうという方法もあります。

家族カードは、本会員の信用情報に基づいて発行されるカードです。
つまり、家族カードを持つ人の信用情報ではなく、本会員の信用情報に問題がなければ作成可能となっています。

普通のカードと同じように使えますが、デメリットもあります。家族カードのデメリット

・家族カード発行は本会員(契約している家族)が手続きしないとできない
・利用明細が本会員とまとめられるため、何をいくらで購入したかバレてしまう
・請求は本会員に行く

何を購入したかなどを家族に知られたくない、という方はデビットカードやバンドルカードをおすすめします。

②既に完済したが5年経過していない人

任意整理をした債務を完済後、最長で5年の間は信用情報に記録が残ります。いわゆるブラックですね。

ほとんどのクレジットカードは審査落ちする可能性が高いですが、外資系企業が発行している外資系クレジットカードは審査基準が他のカードとは違うため、審査に通る可能性があります。

③既に完済して5年経過している人

任意整理を完済し5年経過すると、信用情報機関の異動情報が消えます。

「異動情報がなければ新しいカードを作れる!」と考えてしまいがちですが、少し待ってください。

異動情報が消えたあとの信用情報機関は、他社との取引が全く記録されていない、クレヒス(クレジットヒストリー)が全くないスーパーホワイトです。スーパーホワイトとは?

信用情報にカードやローンなどの利用履歴が全くない状態。
ある程度年齢が高い場合、ローンの利用履歴がないのはとても不自然です。そのため審査に通らないことが非常に多いです。

クレヒスが全くないスーパーホワイトでも申込みができるカードとして有名なのがアコムACマスターカードです。

アコムACマスターカード

アコムAC

国際ブランド

年会費 ポイント還元発行期間初年度2年目〜無料無料0.25%(キャッシュバック)最短即日

  • 消費者金融のアコムでおなじみ三菱UFJフィナンシャルグループ発行
  • パート・アルバイトでも申込みができる
  • 審査通過率年間平均60%(当サイト調べ)

アコムACマスターカードに契約をしてクレヒス(クレジットヒストリー)を育成していけば、その取引が評価されて他のカードが作れるようになるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました